良好な生活習慣が幸福な人生をつくる

良好な環境と良好な生活習慣は繋がっている

良好な生活習慣を持っている人ほど人生の幸福度が高いということは、誰もがイメージすることではないでしょうか。

良好な生活習慣と人生の幸福度の関係性が高いという結果を得た研究や調査も数多くあります。わたし自身、多くの方の話を聴かせていただき、生活の様子を見させていただく中で実感しているところです。

40代や50代では、生活習慣が違っても幸福度には大きな差はないようですが、60代や70代になってくると、健康面や人間関係に大きな違いが出てしまい、それが幸福度の違いになってくると考えています。

良好な生活習慣は身体と心の最高のメンテナンス」がわたしの信条ですが、まず、身体を健康に保つための生活習慣を大切にすることをお勧めしています。

「身体を健康に保つなんて当たり前」と思われる方、そのような方は幸福な人生への道を、すでに歩まれておられることでしょう。

でも、その当たり前ができない方や、方向性が間違っている方、社会的な活動とのバランスが崩れている方などなど、当たり前ができていないと思われる方に出会います。

良好な生活習慣は身につきにくく、悪い習慣は知らず知らず身についている、そのように感じるのはわたしだけではないでしょう。

ここでは、わたしがさまざまな分野の先生方や先人の方々(「われ以外みなわが師」です)から学んだこと、感じたこと、

幸福な人生のための良好な生活習慣や、それを身につけるためのヒントとなることを伝えていきたいと考えています。

投稿は不定期になりますが、ぜひ訪問して見て下さいね。

良好な生活習慣は身体と心の最高のメンテナンス」が当たり前の社会になるように、応援をよろしくお願いします。

Follow me!