ここはカウンセリングルームなのか

「心のメンテナンス岡山」はカウンセリングルームですが、わたしの中では作業療法ルームと思っています。

精神科病棟に勤務していたときは、作業を媒体として心の成長に寄り添いたいと思っていました。介護現場では、活動や生活を通して、その人らしい人生を全うするためのお手伝いがしたいと思っていました。

しかし、医療保険や介護保険ではできることに制限があり、今日は話をじっくり聞いてほしいという対象者の望みに添えない場面に多く遭遇しました。

そこで、話をじっくり聞くことのできるカウンセリングルームを開設したのです。

話を聞いてもらうこと、心のありのままを語っても否定されない、受け入れてもらえるという体験は、本当に自己肯定感を高めます。

本当の意味で自分の価値に気づいている人は、その生活(生き様といってもいいでしょう)を通して、社会に貢献していると、わたしは思っています。

現在、わたしはカウンセリングの仕事以外に、介護保険関係の仕事もしています。作業療法を効果的にするために、積極的に傾聴を行っています。カウンセリングや精神医学、性格学等を十分に活用して、対象者の生活が向上できるようにアドバイスを行っています。

カウンセリングルームでも全く同じことをしています。全てはその人らしい生活を送っていただくために、わたしの知識と技術を全力で提供しているのです。

違うのは、介護保険関係の仕事は公的な支援があるので、時間的に制限がありますが、カウンセリングルームは自費でのご利用になりますので、ご利用者が納得できる内容で、ご本人のペースで進んでいくところです。生活のパーソナルトレーナーといったところでしょうか。

今の時代、当たり前にできていたことができなくなっていると思っています。じっくり話を聞いてくれる人が身近にいないように思うのです。

何かにつまずいて自信を失ったら、自分の価値を知りたいと思ったら、どうぞカウンセリンを受けに来てください。あなたが自分の価値を発見するまで、じっくりとお話を聞きたいと思います。

Follow me!