当カウンセリングでは、

まず、現在の思いをお話をしていただきます。

そうすることで、一人で抱えてきた気持ちを発散し、絡み合った悩みと向き合える準備をします。

そして、カウンセラーはクライエントの話を注意深く聴きながら、適切な反応を返します。

適切な反応とは、

相づち、大事な言葉の繰り返し、質問、内容の確認、そして沈黙。

これらのことを、共感の態度と適切なタイミングで行います。

*カウンセラーは超能力者ではないので、あなたの心の中にある悩みの本質や、押し込められた感情をピタリと言い当てることはできません。これらの適切な反応は、面接の技術といわれるもので、私は臨床経験豊富なカウンセラーから直接学び、現在もクライエントの利益のために、学び続けています。

 

カウンセラーがそうすることで、クライエントの不安、不信の気持ちをやわらげ、信頼関係を築いていきます。(この信頼関係をラポールと言います。)

信頼関係ができると、クライエントは自由に、自分の感情や抱えている悩みを話せるようになり、心の重荷が軽くなります。

 

カウンセラーの仕事は、自分自身を道具として、

カウンセリングの全行程において、クライエントの心の中で起こっていることを、映し出していくことだと思っています。

分かりにくい表現だったかもしれませんが、

カウンセラーは映画のスクリーンのような存在、

カウンセラーは白紙になって(自分自身の経験や、感じ方の傾向を捨てて)、

クライエントの内にある物語を映し出し、クライエントがとらえ直すことができるようにしているのです。

 

クライエントの中には、話ができないほど疲れた状態で来れれる方もいらっしゃいます。

そのような方は、何も話さなくてもよいのです。

カウンセリングでは、何も話さないという状態も無条件で受け入れられます。

*逆を言えば「話さないと分からない。」と迫られるカウンセリングや、相談、面接は、余計に心を重くしてしまう危険があるので、注意しましょう。

 

クライエントの中で、自分の物語がはっきりとしてくると、

自分でできることと、

自分でしなければならないこと、

他人の助けを借りること、

の違いが分かるようになって、心の重荷が軽くなります。

 

わたしは、あなたの問題解決のために、最善を尽くすことを約束します。