カウンセラーとして働く人の主な資格に、「臨床心理士」がありますが、国家資格ではなく、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する民間の資格です。臨床心理士は、大学、大学院で臨床心理学を学び知識と技術を身につけた心の専門家です。

そして、2018年には「公認心理師」という国家資格の有資格者が誕生しました。
大学、大学院で臨床心理を学んだ人が取得する資格です。

しかし、医師や弁護士のような業務独占資格ではないので、「公認心理師」や「臨床心理士」だけでなく、民間資格カウンセラーもカウンセリングを行っています。

私は、作業療法士という国家資以外に、シニアピアカウンセラーという民間資格を取得し、現在も経験豊富なカウンセラーから学び続けています。

作業療法に基づいた、生活、活動、体への知識とアプローチ技術、
これらの広い視点から、あなたの心の重荷を軽くすることができます。